ウーマン

顧客管理システムを導入すればメリットが沢山ある

第一印象に重点を置く

ブース

依頼する施工会社の得意分野を下調べしておく必要があります。展示会のデザイン設計から、イベントプロモーションまでを引き受けてくれる業者は、一貫した手厚いフォロー体制が整っています。ブース内における創意工夫を業者と二人三脚で行うことが、集客を伸ばす秘訣であると言えます。

導入で成功させるために

男性

メリットと注意点

顧客管理とは、狭義では顧客の社名・氏名・住所などの基本的な属性情報管理のことです。広義では顧客の購買履歴や営業履歴、年齢・性別や嗜好などの情報も含まれます。CRM(Customer Relationship Management)とも呼ばれ、これらの情報を扱うシステムが顧客管理システムです。顧客管理システムの構築は自社システムやパッケージソフトにより実現しており、近年は廉価なクラウドサービスが提供され、中小企業でも導入が進んでいます。顧客管理システムの導入メリットは、蓄積された情報を分析することで、営業活動の改善点が見つかることです。例えばBtoBでは、ある分野の商品を扱っていなかったため発注した履歴が複数あれば、品揃えを強化する対策が見つかります。BtoCでは購買履歴の傾向を分析して、おすすめ商品のメールを送付したり広告を打つことが可能です。また商談状況を管理することで、売上予測がしやすくなります。それにより関連部署のリソース配分を行いやすくしたり、有望分野への先行投資が可能です。顧客管理システム運用の注意点は、後で分析しやすい項目を設定することです。例えば商談状況について自由記載欄だけで管理すると条件で絞るのが難しいため、受注・失注結果を独立させるなどの工夫が要ります。また分析は仮説を持って行うことが大切です。ある商品の売上強化を目的とする場合、購入者の単純な属性の集計だけでは全体的な傾向しか分かりません。例えば類似商品についても分析し仮説を立て、さらに掘り下げることで打開策が見えてきます。

大事な電話を逃がさない

固定電話

電話代行は、外回り中などの理由によってオフィスにかかって来る電話に出られない時、代理応答してもらえるサービスです。留守番電話ではなくオペレーターが実際に電話に出ることで、重要なメッセージを逃さずに受け取ることができます。

電話に出れない時に

固定電話

会社やお店を経営していると、さまざまなことの対応に追われて、せっかくかかってきた電話に出れないことがあります。そのような時におすすめなのは、代わりに電話に対応してくれる電話代行です。かかってきた電話に対応し、内容をすぐにメールで知らせてくれるというサービスです。