男女

顧客管理システムを導入すればメリットが沢山ある

  1. ホーム
  2. 大事な電話を逃がさない

大事な電話を逃がさない

固定電話

小さな会社に最適

日々の業務を効率化するためのアウトソーシングサービスはたくさんありますが、中でも小規模事業者の間で人気が高いのが電話代行です。電話代行は、自社の番号あてにかかってきた電話を代行業者に転送することで、専門のオペレーターに代理応答してもらえるというサービスです。電話代行を利用すれば、大事なビジネスチャンスを逃がすリスクを減らすことができます。ビジネスにおけるコミュニケーションは電子メールが中心になったとはいえ、緊急の要件や新規の問い合わせなどはまだまだ電話が主流です。いつでも電話を受けられる体制を整えておくことによって、安心して外回り営業などの業務に専念することができるようになります。電話代行の導入に係る費用は業者ごとにまちまちですが、料金体系は基本的には月額固定料金タイプか、固定料金にコール数に応じた従量課金がプラスされるタイプのいずれかとなります。前者の場合は1か月当たり1〜2万円、後者の場合は固定料金5,000円前後に1コール当たり100〜150円の料金が加算されるというのがおおよその相場となっています。電話代行の標準的なサービス内容は、電話を取ったオペレーターが受託した会社の名を名乗り、メッセージを預かるというものです。ただし業者によってはカスタマイズもできるようになっています。たとえば自社の取扱商品やサービス内容等について事前にレクチャーを行うことで、定例的な問い合わせであればオペレーター自らが回答して案件を完結させるといった活用法も可能です。